佳作作品のページ


佳作作品のページを眺めるのが好きです。
力作がたくさんあって、たのしいです。















換水の合間に、パラパラ見たりします。









佳作作品のページは、いろんな系統の作品が出揃っていて、見応えがあります。




イデアもいっぱい。





石がビッシリ上からぶら下がっているレイアウトとか、

剣山みたいな素材を使ったレイアウトとか、

優雅な2階建て建築みたいなレイアウトとか………。





美しい正統派天野式レイアウトもたくさんありますね。





思い入れたっぷりの作品ばかりです。









私の大のお気に入りは、247位の作品です。
キュビズムの絵画みたいで超カッコいいー!見ているだけでワクワクします。





佳作ページを凝視した後、グランプリのページから順に見直すと、、、また頭がクラクラします^ ^

さらにお酒を飲みながら見直すと、また見方変わって、クラクラ。。。


とにかくずっとクラクラしてたい。。。。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

小型水槽の現状


トイレ水槽(40㎝)です。






数日前、トリミング後、新芽が出始めたところです。







発酵式CO2を使用しています。
添加量を安定させるのが困難な手法ですが、そこは適当です^ ^









量は気にせず、気泡が出てたら良し。
そんな感じで、なんとな〜く維持。





何でもない水槽になりましたが、ホッとひと息つけていい塩梅です。トイレはホッとひと息つくところだし、いいなぁ〜と。
わりと気に入っております(^。^)




レイコン水槽は、やはりコンテスト用ですから、主張が強いしイカついので、全く癒されません^^;






廊下の45㎝水槽は、





ただの投げ込み水槽。。
レイコンで余った水草を浮かばせてるだけ。。。





応募も終わったので、次はこの水槽を楽しくしたいです〜!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

細オモリ

久しぶりの更新となります〜

前回のNAパーティのその1の記事に、その2が続いてないですが、時間が開きすぎてもう忘れてしまいました。。

だみだ〜〜〜〜〜〜!!!



忘れちゃったので、違うこと書きます(^^;)




今年も、世界水草レイアウトコンテストの応募、何とか無事完了いたしました。



5月31日、毎年恒例の、期限ギリギリでバッタバタの応募となりました\(^o^)/




応募間近の水槽の前は、素材と道具でいつもごちゃごちゃです。
息子より散らかします。




今回は、レイコンの作品づくりに重宝しているアイテムを紹介したいと思います〜


コレです。


数年前から、何となく使いつづけているコレ。




板オモリを細く切ったやつですーw


この細オモリを(細オモリって心の中だけの呼び名ですけど^^;)、ビニタイ代わりに使ってます。


注水後、下の方の動かせない素材にモスを活着させたい場合などに重宝してます。





後日、活着した頃合いに、細オモリだけをそ〜っと取り外します。



水中で、もう取り出せない位置の流木や石に水草を固定させるのって、かなり大変ですよね。




適度な重さがあって水中でフワフワと浮かないのと、複雑なカタチにも柔軟にフィットしてくれるので、固定しやすいです。


指で簡単にちぎることができるのも便利です。


とはいえ、水中でアレコレ微調整するのは、関節も筋肉も、キツいですね。


いつも、注水前にやっておけばよかった〜!と思うんですよね(^^;)


後の祭りです〜〜!





京都精華大学水槽学部の水草ブログで、対談させていただきました。(ありがたいことです〜!)



こちらから→ CAJ対談 タナカカツキ×ワタクシエリ



よかったらこちらも読んでみてください〜^ ^



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

NAパーティ2017 その1

先月、NAパーティに行ってまいりました。

このようなパーティが存在するってすばらしい〜
水の中に生えてる草が主役の世界規模のパーティー。
心が豊かになる〜〜!


11月8日に始まるネイチャーアクアリウム展の準備と平行しつつのパーティ開催。
ADAの方達、大変だっただろうなぁ〜〜








今年は、過去最高順位をいただき、いつもより緊張しました^ ^

いざ壇上へ。


一階に住む大家さんが、水草色のワンピースを貸しくださいました。
ありがたかった〜!




待ちに待ったグランプリ作品発表。
見た過ぎるーーー!!!







なるほどーーー!
多様性ー!豊か〜!!


この方、ビデオのトーク面白かったなぁ〜。





個人的には9位と13位が印象に残りました。


スッゲェ〜〜〜!






今年は、良いなぁ〜と思う作品が分散してあるなぁ〜という印象でした。





71位デイブさん作品や、44位板倉さんの作品も印象深かったなぁ〜!
(写真撮っておけばよかった)








大先輩タナカカツキさんは14位でした。
ご本人目標のグランプリには届きませんでしたが、毎年ずっと上位いること自体が尋常じゃなくスゴすぎる〜!


グランプリのジョジュさんを撮影するカツキさん。(レッドカーペット脇に正座!)

来年はぜひ、月桂樹を頭に、
100万円プレートを掲げている姿をお願いしますー!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

壇上ファッション

もうすぐ、ネイチャーアクアリウムパーティ2017が開催されますね。





出席する予定なのですが、
優秀賞の受賞者は壇上に登るのですね〜





これまで、壇上に登らなくてもよい人生を送ってきたので、ちょっと緊張します^^;





普段は、シャツとウエストゴムのズボンという格好ばかりですが(ラクでサイコー!)
壇上では、キチンとした服装で登りたいなぁ〜と思ってます。





壇上経験がないので、人生の先輩方に相談してみました。





いろいろとアイデアをいただきました!


着物はどうかな?
とか、

シルクドソレイユのトーテムはどうかな?
とか、

グリーンのドレスはどうかな?
とか。




なんとかなりそうです\(^o^)/




着物でビシッとキメたらカッコいい〜
でも帯の締め付けで、道中駅弁とか食べられなさそうだから、断念。







シルクドソレイユのトーテムってなんだっけ?

ググってみたら、

スゴいーーーー!
緑の人、
まさにネイチャーアクアリウムのイメージ!

でもメイクとかどうするんだ。。
あとなんか、おそろしい〜〜〜^^;





グリーンのドレス、よさそうです。
グリーンは水草の色だし。




「グリーン ドレス」と検索したら3千円でありました。
そんなに安いのがあるのかー!
ポチッ



でもなんでかドレッシーにならないなぁ〜〜




決してドレスが悪いんじゃなくて、着こなしの問題だと思うけど。。。






わからないので、保留にします^^;



京都精華大学水槽学部の水草ブログで、過去のワタクシ水槽を紹介して下さっております。(ありがたいことです〜!)



こちらから→ ワタクシ水槽の軌跡 その1



よかったらこちらも読んでみてください〜^ ^



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

トイレ前水槽

秋になって、過ごしやすい季節となりました。




私にとっては、リセットの季節でもあります^ ^



120水槽のリセットを始め、来年のレイコン制作に取り掛かるための準備を進めております。





家族の呆れ顔を尻目に、流木のアク抜き^^;

グツグツ煮ていきまーす。




並行して、
トイレ前の水槽も立ち上げまーす。







こんなのを作って、







フィルターをガードします。







溶岩石を積んで、
ソイルを敷きます。







リセットも、立ち上げも、
家事の合間に、毎日ちょっとずつです^ ^





ヘトヘトなったり、腰痛になったりしないように。。
主婦は日々が大切ー!






このトイレ前スペース、
窓もなく四方が部屋に囲まれ、隣にある洗濯乾燥機の熱気おかげで、1年中、適温適湿です。





つまり、
水草が育つ条件が揃いすぎなのです!!





トイレの前に立ってるだけで幸せ〜〜
満ち足りるぅ〜〜〜〜
自由〜〜〜〜!



ヒヒヒ。。。




いろんなセオリーなんか、ど無視でザクザク植えちゃおー^ ^







京都精華大学水槽学部の水草ブログで、過去のワタクシ水槽を紹介して下さっております。



こちらから→ ワタクシ水槽の軌跡 その1




突然でビックリです〜!w
なんでかな〜?

ありがたいことです〜!!
よかったら読んでみてください〜^ ^



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水槽の復活 その3

ベランダに放置し、ガビガビになってしまった水槽。






その後、洗って、







また放置。





雨風にさらされ、汚れ、





また洗って。






また汚れて、





また放置。





置き場所が決まらず、
キレイになったり汚れたりを
ベランダで繰り返すこと数ヶ月。






すっかり野生化した水槽。
もはや、室内に馴染んでくれるかが、心配です。






1番落ち着くと思われる、
トイレ前のワーキングスペースに移動しました。








家で、
最も閉ざされた空間へ









誰も注目されない、この片隅で、




ひっそり立ち上がります。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村